2016-05-19

Katyではみなさんがよくヘアサロンでされるヘアカラーはもちろんのこと、もう1つ「ヘナ」と「和漢」というカラー剤があります。

「ヘナ」のほうは聞いたことがある方もおられると思いますが、「和漢」のほうはあまり馴染みがないのではないでしょうか?

今回は「和漢」をご紹介します!

分かりやすく説明すると、普通のカラー剤はする度にダメージがありますが、「和漢」は全く傷みません。むしろ手触りが良くなります!

何が違うかというと、普通のカラー剤はアルカリ剤(1液)+過酸化水素(2液)で作り染めます。

arukari

それに対して「和漢」は植物性のパウダー+水で作り染めます。これだけでも髪や地肌に優しそうですよね。

和漢

とくに毛先をトーンダウンしたい方、色味を変えたい方におすすめです!髪を伸ばしたいけど傷ませたくない・・など

根元の黒い部分はアルカリカラーで染めて、毛先は「和漢」で傷ませず。そうすれば常に髪は一回だけカラーした事になるのです。

注意点は明るくはできない事です。明るくするにはどうしてもアルカリカラーでないとできません。

もし気になる方はお問い合わせください。